日繰り表って大事ですよね。

サラリーマンの時は月間の資金繰り表の重要性を言ってましたが、経営者になった今では月間の資金繰り表って経営ではあんまり役立たないです(苦笑) 本当に知りたいのは月ごとでは無く、今日から1年先までの日々の資金状況ですよね。月ごとの資金繰り表では先が見えないですし、やっぱり不安です。そこでこの正月に我が社の1年先を知りたくて、そして安心したくて2019年1月1日~12月31日までの日々の各口座の預金予想残高を作成しました。作っての感想ですが。。。日繰り表は最高です! 正直、日繰り表でここまで安心かを得られるとは思ってませんでした。そこには損益計算書や貸借対照表では得られなかった安心がそこにはありますね! 今は取引の契約が出来たり、支払いの請求書が来るたびに日繰り表に金額を入力していますし、その入力の度に年末の預貯金の残高が増減するので一喜一憂してますがそれはそれで楽しいです。今月すでに4社の問い合わせがあり、すでに2社の社長様からは『こいは良か~!!』と言われて採用していただき、すごく前向きになられ元気になられてました。嬉しい限りです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です